So-net無料ブログ作成

イケメンジャー番外編 (1) 顕如と信玄 [(妄想)イケメンジャー]

※初めに、注意事項をお読みください。

※この物語は、すべて作者の妄想でできております。

※この物語は、公式の物語と一切関係ありません。
※公式のイケメンジャーが物足りない猫が、妄想していたイケメンジャーを書き起こしたものなので、公式のイケメンジャーとは全く関係ありません。

※キャラの性格及び性別が、公式のイケメン戦国やあなたの妄想と違う場合があります。そういうのは受け付けないわ!という方は、このまま、回れ右をしてお帰りいただき、このブログのことを一切お忘れいただきますよう、お願いします。

以上のことがお守りいただける方のみ、この先にお進みください…。  
  
 ある、のどかな昼下がり。京都府警の刑事課にある小さな休憩室に、顕如と信玄がいた。いつものようにコーヒーを飲んでいる信玄の前に、顕如が小さなタッパーを差し出した。

「…? なんだ?」
「茶菓子だ。……お袋のレシピを見て、私が作った」
「お前が?」

 きょとんとしながらも蓋を開けてみると、色よく焼きあがったクッキーが入っていた。ふわりと立ち上るバターの香りは、半年前に病死した顕如の母、恵子が作ったものと変わらない。懐かしそうに目を細めている信玄に、彼が言った。

「……無理に食わなくてもいいぞ。味は、お袋の足元に遠く及ばぬからな」
「わー! 待て待て待て! 食べないとは言ってないだろう…。!…何を謙遜しているんだ? 叔母さんの味、そのものじゃないか」
「お世辞ならいらんぞ」
「野郎に媚びうるような真似はしない。本当に、叔母さんの味だ。叔母さんの菓子の大ファンだった俺が保証する。全く、血は争えないな」
「そうか…。なら、店を出した時にも出せそうだな」

 じっと見つめていた顕如が、安堵の表情を浮かべる。と、信玄が答えた。

「そうだな。お前のコーヒーにお菓子、俺の軽食の腕が揃えば、何も怖くないさ。…もうすぐ出来上がる、俺たちの新しい居場所も」
「あぁ…。お袋に任せる予定が、間に合わなかったのが心残りではあるがな…」
「…それを言うな。まだまだ、準備する物もあるからな。ぬかるなよ?」
「こっちの台詞だ。……ただ、嫌な予感がする。私達が退職するまでに、大きな事件が起きなければいいのだが…」
「おいおい、嫌なことを言うなよ。お前の勘は当たるからな…」
「今回ばかりは、外れてほしいものだな…」

 ぽつりとこぼす顕如に心底嫌な顔をする信玄。平和な昼下がりは緩やかに過ぎていくのであった…。

 ……彼の「嫌な予感」が的中するのは、この一週間後のことだった…。

(終わり)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。