So-net無料ブログ作成

幽霊の頼み事… [物語(石田三成)]

※初めに、注意事項をお読みください。

※この物語は、すべて作者の妄想100%でできております。

※この物語は、公式の物語と一切関係ありません。

※グロシーンはないと思いますが、心配な方は閲覧をご遠慮ください。

※キャラの性格が、公式のイケメン戦国やあなたの妄想と違う場合があります。そういうのは受け付けないわ!という方は、このまま、回れ右をしてお帰りいただき、このブログのことを一切お忘れいただきますよう、お願いします。

以上のことがお守りいただける方のみ、この先にお進みください…。 
 
 三成が休養を命じられた次の夜のこと。ケイがうなされる声で目が覚めた。そっと、彼女を起こそうと伸ばした手の先に、別な手が伸びていることに気付く。

(……! 誰?)

 視線だけ、その手の先へとむける。と、憂いを含んだ表情でケイを見つめる「自分」がいた。

(……!!)

 慌てて、体を起こして相手を見ようとする、が、傷が痛んで起き上がれない。漏れた声に気が付いた相手が、一瞬驚いた顔をして、消えてしまった…。

(あ…、消えちゃった…)

 残念そうにため息を吐いて、ケイがうなされなくなったことを確認すると、そのまま眠りについた…。

                 ◇◇◇

 朝になって、ケイを見ると、普段と変わらない。二人で朝餉を取り終えると、秀吉が入ってきた。

「三成、調子はどうだ?」
「はい、だいぶ楽になりました。……あの、秀吉様」
「なんだ? 三成。改まって…」
「実は…」

 三成は、ケイが近くにいないことを確認してから、昨夜のことを話した。秀吉は、小さく唸ってから答えた。

「……もしかしたら、ミヤビが成仏できなくて、でてきてるのか?」
「分かりません…。ですが、何か言いたいような、そんな感じがしました…」
「そうか…。もし、お前の体調に負担がかからなきゃ、ミヤビと話をしてみてくれ」
「分かりました」

 三成が小さく頷いて答えると、秀吉は、優しく彼の頭を撫でて、出て行った…。

             ◇◇◇

 それから二日ほど、ケイがうなされる度に彼が現れ、何か言いたげに三成を見ては消える、を繰り返していた。三日目の夜、再び現れた彼に、思い切って声をかけた。

「…あの、ミヤビ、さん?」
『………三成、だっけ?…あのさ…』
「なんでしょうか…?」
『これ…、取り上げてくれないか? こいつから…』

 そういって、彼が示す先にあったのは、ケイの首に下がっている小さな小瓶。訝しげに見つめる三成に、ミヤビが言った。

『これ、こいつが自分で調合した毒薬なんだ。俺、こいつに生きていて欲しいから、こんなもの、持ってて欲しくなくて…。でも、左腕しかないから、俺が取り上げることができないんだ…。頼む…』
「分かりました」

 三成は、そっとケイの首にかかっていた小瓶を外す。ミヤビは、ほっとした表情で彼女を優しく撫でている。三成は、ミヤビが消えないことを確認してから、彼に問いかける。

「ミヤビさん、なぜ、ケイさんの前に出てあげないのですか?」
『ミヤビでいい。…俺にも、分からないんだ。ケイが起きてるときにも、近くにいる筈なんだけど、ケイが俺の姿を見ることも、俺がケイに触ることもできないんだ』
「そうでしたか…。その辺の謎が解けなければ、なんともなりませんね…」
『…三成、頼みがあるんだけど』
「なんでしょうか?」
『ケイのこと…頼む。こいつの、生きる理由になって欲しいんだ…』
「生きる理由…ですか?」
『あぁ…。俺が死んでから、こいつがどれくらい苦しんできたか、ずっと見てきた。後悔もしたけど、どうにもできなくて…。なんで、ここに飛ばされたのかも分からないけど、もし、こいつが生きる理由がここにあるんなら、助けてやってほしい…』
「そんな…。ケイさんは、私にとって大切な恩人です。言われなくても、私は、彼女と共に生きていきたいと望んでます。安心してください」

 三成が力強く答えると、ミヤビは安心したように微笑み、彼の額に頭を寄せる。

『ありがとな。なんか、変な感じだけど、これからもケイのこと、頼む…』
「はい…」

 そういって、ミヤビはすぅーっと消えていった。三成は、ケイから取り上げた毒薬を小瓶から紙にとって包み、ビンはケイの首にかけなおして、眠りについた…。

             ◇◇◇

 翌朝、ケイは小瓶の中身が空になっていることに気付いた。

(あれ? 何で? 何で、中身が無いの? あんなの、誰かが間違って飲んだら、大変なことになるのに…!!)

 慌てているケイに、三成が少し厳しい顔をして、話しかける。

「ケイさん、ちょっと、いいですか?」
「なんですニャ? 三成さん」
「その、小瓶に入っていた毒薬ですが…。昨夜、私が取りました」
「え? 何で、知ってるニャ? 話したこと、ないのに…」
「ミヤビが、教えてくれました。貴女に、生きていて欲しい、とも、言ってました」
「ミヤビが…?」
「…ケイさん、私では、駄目ですか? 貴女の、生きる理由になれませんか?」
「え…?」
「ミヤビの代わりに、なんて、おこがましいことは言えません。ですが、貴女がここで、生きていく理由には、なりたいと思っています…。どうか、二度と、自分の命を絶とうなどと、考えないでください…」
「…三成さん、三成さんは三成さん、ですニャ。ミヤビにはなれませんニャ。それに、僕はもう、死のうなんて考えてないですニャ。ずっと、ずっと、ここにいたいですニャ。一緒に、いてもいいですニャ?」
「…もちろんです! こちらこそ、よろしくお願いします…。あ、これは、家康様に頼んで、適切に処分していただきますね」
「はいですニャ。よろしくお願いしますニャ」

 嬉しそうに微笑んで、三成に抱き着くケイ。三成は、彼女を優しく抱きしめて、共に生きていくことを誓うのであった…。

                      (終わり)

                 ◇◇◇

 ケイの日記

 今日、三成さんに毒薬を取られた。もう、死のうと思っていたわけじゃないけど、捨てる機会がなかった…。
 ミヤビも、心配していたみたい。反省。

 ……これからは、僕は、三成さんを守って生きていくんだ。いつか、ミヤビと同じ、『家族』になれるって、信じてるから…。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。