So-net無料ブログ作成

時空を超えた猫  第一章 別れ [物語(ネタバレなし)]

※初めに、注意事項をお読みください。
※この物語は、すべて作者の妄想でできております。


※この物語は、公式の物語と一切関係ありません。

※キャラの性格が、公式のイケメン戦国やあなたの妄想と違う場合があります。そういうのは受け付けないわ!という方は、このまま、回れ右をしてお帰りいただき、このブログのことを一切お忘れいただきますよう、お願いします。

※この回は、カプコンより発売中のモンスターハンターX(クロス)をベースにしています。ご注意ください。

以上のことがお守りいただける方のみ、この先にお進みください…。 
 
 ざっざっざっざっざっ…………

 薄暗い森の中を、必死に駆けて行く二つの影。風になびくシルバーグレーの髪、憂いを含んだアメジストの瞳は、並走する小さな影を時折見ながら、二人の背後に迫る大きなモンスターをちらりと見る。本来なら、このエリアにいるはずのないもの…。

 …………斬竜 ディノバルド

 数週間前、村を襲い人を食ったためか、ハンターを食い殺すようになったモンスターだ。ギルドにも、資料が少ないために対策が遅れ、犠牲者が増え続けていた。
 必死に走っている小さな影が、悲鳴に近い声で言った。

「ミヤビ! にゃんであいつがいるニャ? 今日は、キノコ狩りで済むはずだったにょに…!」
「ケイ…! 俺にもわかんねーよ! 何でここに現れたんだ…?!」
「…!!」

 不意に視界が途切れ、目の前に険しい崖が行く手を阻む。敵の足音が近づいてくる。ミヤビは、大きく息を整えると、左手でケイを掴み、崖の方に突き出した。

「…! ミヤビ! にゃにするニャ!?」
「…ケイ…。生きろ。俺の分まで…」

 ふわり、と微笑んだ彼の姿が、出てきたモンスターの影に消える。自分の体は宙を舞い、崖を落ちて行った………。

                    ◇◇◇

「………ミヤビーーーーー!!」

 上げた悲鳴に驚いて、ケイは目を覚ました。いつもの部屋、いつものベッド。一つだけ違うことは、いつも寄り添って眠っていたミヤビがいないことだけ…。
 彼はあの日、左腕を残してこの世を去った。体が残っていたことで、かろうじて墓が建てられ、そこにはいつも、花が絶えることなく置かれている。

(夢…か…。もう、二ヶ月になるのに…。でも、もう二度と、この夢は見ない…。今日こそ、あいつを倒して、ミヤビのとこに行くんだ…)

 小さなため息を吐いた後、首に下げている小さな小瓶に触れた。自分で調合した、毒薬。それから、ゆっくりと部屋を見回し、大切なものを持っている秘密のポーチにしまう。
 それから、ベルダーネコシリーズという装備を纏い、必要な道具をそろえると、家を後にした…。

                ◇◇◇

 ギルドに着くと、今回の討伐メンバーが集まっていた。兄弟や子を殺されたもの、恋人を殺されたもの、それから…。

「……アンバーさん…」
「ケイ…。二ヶ月ぶり、だね。絶対、ミヤビの敵とって、戻ってこようね。…それでね…」
「なんですかニャ?」
「このクエストが終わったら、あたしと一緒に次の村に行こう。ミヤビ以上になれないかもしれないけど、彼の思い出、一緒に抱えて行きたいからさ。返事、すぐじゃなくていい。……考えておいてね」
「アンバーさん…」

 琥珀色の瞳がゆっくり揺れて、ぎこちない笑みを作る。ケイは、どう答えたらいいかわからないまま、出発の準備を終え、他のメンバーとともにクエストへと向かった…。

                 ◇◇◇

 奴との戦闘は、熾烈を極めた。レベル違いの強さに悪戦苦闘するハンター達。傷つこうとも、一歩も怯まずに攻撃を続ける。ケイも、微力ながらもサポートの笛を吹いたり、罠を仕掛けたりと奮闘する。やがて、敵の動きが鈍くなり、足を引きずりながら巣穴へと逃げ込んだ。それを確認したカイルが、周りを見渡して言った。

「…みんな、大丈夫か?」
「大丈夫よ、カイルこそ、大丈夫なの?」
「言ってくれるなぁ、アンバー。この俺を誰だと…」
「わーった、わーった! 回復される前に行くぞ。ケイ、罠を頼む」
「はいニャ、サンドレイクさん」

 四人は、力強く頷きあうと、巣穴へと向かった…。

                 ◇◇◇

 眠っている敵の腹の下に、ケイが落とし穴を設置し、アンバーが石ころを投げて起こして落とし、カイルとサンドレイクがとどめを刺した。
 こうして、長らく村人やハンターを苦しめた人食いモンスターは討ち果たされた。

(終わった…。ミヤビ、敵、とったよ…。もう、そっちに行ってもいいよね…。僕、頑張ったよ…)

 そぉっと、三人から離れるケイ。大きくため息を吐いて、キャンプに戻ろうとした時、急に足元が揺らめいた。

「…?………!」

 ケイは、急に空いた穴に抗う暇もなく、吸い込まれていった…。


  (第二章へ続く)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。